耳の疲れと耳鳴り、耳を休める  NOTE #28

   気が付かない耳の疲れから耳鳴りや耳の病気になることもある。耳がいかに疲れる
  のか、耳の休め方、音が聞こえることと脳の関係、耳鳴りの治療法、作曲家千住明さ
  んのメッセージなど、ためしてガッテンと生活ホットモーニングの一部からまとめま
  した。


  気付かない耳の疲れ

   日本人の4人に1人は、耳のトラブルを経験している。小学生でも難聴を訴える子
  供もいるので、中高年だけの問題ではない。耳鳴りは耳の疲れが原因で起こり、耳の
  奥にある大切な部分が壊れると二度と聴力が戻らないので、耳の疲れのうちに対処し
  たい。


  耳の疲れ実験 あっという間に聴力が落ちる

   健康な人でも1日のうちで、聴力があっという間に半分にまで落ちているという。
  実験では、パチンコ好きのAさんと、応援団のBさんで行われた。

   Aさんは、パチンコ好きでキャリア30年という。パチンコに行く前にストップウ
  ォッチを使って聴力を測る。ストップウォッチの秒針の音が、どのくらい近づいた時
  に聞こえるか、その距離を測る。実験前のAさんは、2m32cmで手を挙げ、秒針
  の音が聞こえた。そしてパチンコを2時間。店内の騒音のレベルは、83.1db、
  騒音の激しい工場と同じくらいに匹敵する。本人は、耳は大丈夫だと言う。
   パチンコを終えて、ストップウォッチで聴力を測る、今度はどんどんAさんに近づ
  いてもなかなか手を挙げず、ようやく92cmで手を挙げた。驚くべきことに2時間
  で半分以下まで聴力が落ちていた。

    Aさん 秒針の音が聞こえた距離
    パチンコ前 2m32cm
    パチンコ後 92cm


   Bさんは大学の応援団。応援の特訓の前にストップウォッチで聴力を測ると、
  2m91cmだった。
   1時間の特訓中は、応援団と共に大声を上げてブラスバンドの演奏も加わった。騒
  音のレベルは、100db、電車のガード下と同じレベルだった。
   そして特訓後に聴力を測ると、91cm。特訓前の1/3以下に下がってしまった。

    Bさん 秒針の音が聞こえた距離
    応援特訓の前 2m91cm
    応援特訓の後 91cm


   耳の疲れは、耳の聴く力の衰えと定義されている。
   音の大きいところでは、耳はかなり疲れ、短時間で聴力は衰えることが分かる。


  意外な日常生活での聴力の衰え

   子育てに忙しい主婦のCさんの一日を追って、騒音レベルを調べた。

    子育てCさん騒音レベル(db)同レベルの騒音例 
    毎日の掃除 80 地下鉄の構内
    食器洗い 80(3回) 地下鉄の構内
    子供が泣く 90 カラオケBOX


   1日の主婦の暮らしの中でも侮れない騒音レベルがあることが分かった。これら
  によって耳は、かなり疲労していることが伺える。

   こうした騒音が積み重なると聴力が知らないうちに衰えていく。特に気が付くの
  は、朝の聴力と夜の聴力との違いで、テレビを朝つけたときである。夜は聴力が落
  ちているために、音量を上げて聴いているが、朝は、聴力が回復しテレビをつける
  と、夜のままになっている音量がうるさく感じる。


  疲労による聴力の衰えは、休息で回復する。

   朝にはテレビの音がうるさく感じるように、日常的な耳の疲労は、休息によって
  回復する。今日は騒音や大きな音を聞いて耳が疲れたと思ったら、充分に休息、睡
  眠をとることが耳の疲労回復になる。


  充分に休息が取れなかった場合、聴力は著しい低下

   騒音と聴力の関係を調べている東北大学の鈴木陽一教授によると、20〜50代
  で耳の感度は、75%低下する。つまり50才には、20才のときの1/4の感度
  になるということ。更に、30才で67%低下してしまう場合もあるという。
   これが、ごく普通のサラリーマンの場合というので他人事ではない。こうなって
  しまった原因は、休息の上手なとり方をしていなかったためだという。


  耳の疲れを放って置くと難聴になる 耳が聞こえる仕組み

   耳の中の内耳には、蝸牛(かぎゅう)というカタツムリの殻のように渦をまいた
  器官がある。この蝸牛の管の中には、毛の生えた有毛細胞があり、管の中はリンパ
  液で満たされている。
   音が起こると、音は鼓膜から伝わって振動として蝸牛に伝えられる。蝸牛の管の
  中には、有毛細胞がカタツムリの殻のぐるぐる巻いた先まで生えていて、音の振動
  によって有毛細胞の毛も振動する。この毛の振動を捕らえた有毛細胞は、振動を電
  気信号に変えて脳へ伝え、脳が音を感じる。

   有毛細胞は、150万本ほど生えている。鼓膜に近い蝸牛の入り口に生えた毛は、
  高い音が来ると揺れる。一方、奥の方、鼓膜から離れた渦巻きの上の方に生えた毛
  は、低音で揺れる。低音の時は、高音を感じる入り口の毛から奥の低音部までが全
  て揺れるので、音がすると高音部はいつも揺れていることになる。
   有毛細胞は、何度も使われ疲労がたまると、倒れたり、抜けてしまったりする。
  このため、高音部はいつも使われくたびれるため、加齢によって聞こえにくくなる
  のが高音部なのはこういう理由からである。
   有毛細胞の毛が倒れたり抜けてしまうと、元に戻ることはなくその部分の難聴が
  起こる。


  有毛細胞が完全に倒れる前に、疲労回復8時間の休息

   有毛細胞は、疲労によって傾き始めるため、傾きが少ないうちに疲労回復させる
  ことが大事。
   日常的な疲労や、一時的に大きな音を聴いたという疲労は、8時間休息をとるこ
  とで元に戻る。


  有毛細胞の誤動作で耳鳴りに

   有毛細胞が原因で耳鳴りが起こっている場合がある。有毛細胞が、誤動作を起こす
  と毛が常に揺れて音を感じてしまう。


  脳の疲れによる脈拍の耳鳴り

   脈拍の音が耳鳴りとして聞こえる場合がある。
   この耳鳴りは、1日中、頭の中で車がサーサーサーと走っている感じがする。
   耳に指を入れて塞ぐと小さな、ゴーッという音が聞こえる。これが耳鳴りになると頭
  の中で車が走っている音に聞こえる。

   脈の音が聞こえるのは、心臓から繋がる動脈が蝸牛の近くを通っているためで、鼓膜
  を通さずに、脈によって蝸牛が揺らされ脳に音の信号が伝わっているため。しかし、通
  常は脈拍の音は無視されている。
   これは脳が音の重要性を判断して聞き分ける働きがあることによる。街中のいろいろ
  な音は、鼓膜を振動させて脳に届くが、脳はこれを判断し、聴きたい音のボリュームを
  上げ、重要性の低い音のボリュームを下げる。心臓の脈の音は通常ボリュームを下げら
  れているので聞こえていないと感じている。

   ところが脳が疲れていると、間違って心臓の音量を上げてしまうことがある。
   ストレスや更年期障害などのホルモンバランスの乱れによって起こる。また、過労が
  続いたり、寝不足などが切っ掛けでも耳鳴りが起こる。そのまま放置しておくと病気が
  進んでいく形になってしまう。


  ストレスによって起こる急性低音型感音難聴

   最近若い人に多く目立っている難聴で、ストレスによって起こる。
   蝸牛の内リンパ液がストレスが一つの誘引になって、循環不全のようなものが起こっ
  てくると、リンパ液が増えて蝸牛内がパンパンにむくんだ状態になってくる。この状態
  では有毛細胞の動きが最も抑制され、特に低音部の聞こえが悪くなってくる。もともと
  奥の揺れにくい音の入りにくいところにある低音部を感じる有毛細胞が、一番影響を受
  けてしまう。


  難聴チェック

@テレビの音が大きいと注意される。(周囲の人より聞こえが悪い。)
A話し声が大きくなったと言われる。 -
B顔を見て話さないと話しずらい。(聴覚情報が不足して、
顔を見て話さないと理解できない。)
C聞き間違えが多い。(音の高低を聞き分ける力が小さくなる
ことによって、都合のいい言葉に聞
こえてしまう。
聞こえないので聞き直すことがある。)


   ☆以前はあまりなかったが、現在では小学生でも難聴が起こる。受験や親の過度の期
    待などにもまれて、心因性難聴をして外来に来る子供が増えている。

   ☆耳鳴りや聞こえの不具合を感じたら、長期間おかずに専門医に相談するのが良い。
    期間を置いてしまうと治せなくなる病気もあるので、少し不安だと思った時点で医
    師に相談する。


  脳の癒し方

   α波計測実験 脳が心地よい音

  実験項目 内容・結果
@脳を疲れさせる10分間、騒音を聴く。
脳はイライラを感じている状態が続いた。
A脳と耳を回復させる5分間、ゆったりした音楽を聴く。
脳は、α波に満たされリラックするした状態になった。
B音を遮断5分間、耳栓とヘッドフォンをして完全に音を遮断した。
この時有毛細胞の動きは止まった状態になる。
するとα波が1/3にまで減少した。


    脳は、ゆったりとした音楽で快感を感じリラックスする。
    しかし、音が無いと逆にリラックスでき無いことが分かった。脳にとっては逆にスト
   レスになる。
    大きな音を聴いたり、ストレスを感じていたり、耳に負担がかかった時は、ゆったり
   した音楽などで耳を休ませると良い。


  TRT法で高い改善率 脈拍の耳鳴り、有毛細胞の誤動作の耳鳴りにも

    アメリカで開発されたTRT法という治療法で、治せないと言われてきた脈拍の耳鳴
   りの治療が可能で、日本でも始まり、増えてきている。

    この治療法を受けた耳鳴りに苦しんできた患者さんは、「本当に涙が出るほど嬉しか
   ったです」という。それまでは、100匹のセミが頭の中でジージージーと言っている
   状態だったのが、治療後は1匹が小さく鳴いているくらいになったという。

    この治療法は、補聴器のようなものをつけ、そこから耳鳴りと同じ音域を含む音を耳
   鳴りよりも少し小さな音で聞かせる、というもの。約半年で耳鳴りが楽になるという。

    これは耳鳴りの音を消す治療法ではなく、耳鳴りはしているものの、脳をトレーニン
   グして、気にならなくさせていく治療法。毎日6時間以上聞き、同時にカウンセリ
   ングを行うのが特徴。TRT法による改善率は、8割以上といわれている。
    脈拍の耳鳴り以外にも、有毛細胞の誤動作にも効果があることが分かっている。


  音楽好きの若い人も耳の疲れに気を付けて

    作曲家の千住明さんは、十代の頃から音楽仲間といろいろな音楽を聴いてきたという
   音のスペシャリスト。
    千住さんは、10代は特に刺激的な音楽を聴きたいし、心地良いと感じるので聴くこ
   とが多かった。だがそうした仲間の多くは20代前半で聴力の衰えを感じて、非常に後
   悔したという。そういう友人は耳不自由を感じながら音楽を続けていると言う。音楽を
   好きならばこそ聴いたり演奏したりするけれども、耳を酷使していることにも気が付い
   て、若いからといって耳を休めることをしないと、若いうちに聴力を衰えさせてしまう
   ことにもなる。よく知って耳を大事にして欲しいと、番組「生活ホットモーニング」で
   何度も繰り返した。




   情報閲覧に関するご注意

[参考 NHK ためしてガッテン 2004/11/03]
[参考 NHK 生活ホットモーニング 2005/02/23]


耳を休めるヒーリング音楽を集めました。

「ETERNITY-ヒーリング・ベスト(CCCD) 」
↑CDの詳細・ご購入はこちらからどうぞ


「 pure 3 - be natural 」
↑CDの詳細・ご購入はこちらからどうぞ


「ピアノ・ヒーリング“メロディー”〜ピュア・トーン・コレクション〜」
↑CDの詳細・ご購入はこちらからどうぞ


番組でコメントした千住明さんの音楽
「砂の器」千住明
↑CDの詳細・ご購入はこちらからどうぞ




耳鳴りに関連する本をピックアップしました。

アマデウスの魔音の癒し 聴いて治す「耳鳴り・難聴」
アマデウスの魔音の癒し




めまい・難聴・耳鳴りはここまで治る








心的ストレスの解消、自己実現、美容と健康などへのフラワーレメディー
フラワーエッセンスをお探しなら
癒しのグリーンマンエッセンスを。
ホリスティックな手作りエッセンス。